前へ
次へ

栄養を失わないブロッコリーの調理法

食物繊維やビタミン類など栄養価が高いブロッコリーは、茹でてサラダにして食べることが多いのではないでしょうか。
しかしながら、ブロッコリーに含まれるビタミンCは水に溶けやすい性質を持っています。
せっかくの栄養価が落ちてしまうので、茹でるのはおすすめの調理法とは言えません。
ブロッコリーは炒めるほうが、栄養をしっかり摂取できます。
豚肉との相性が良いので、フライパンで炒めてポン酢や味噌で味付けして食べると良いでしょう。
また、野菜スープや中華スープにすれば、栄養成分が溶け込んだスープも一緒に飲むことができます。
茹でた柔らかい食感が好きであれば、スープや鍋にするのがおすすめです。
ブロッコリーの茎は、捨ててしまうのは勿体ないです。
茎部分の調理法として、細かく切ってミンチと和えてハンバーグやつくね団子にするとコリコリとした食感を楽しめます。
また、茎部分を佃煮にしてもごはんのお供やお弁当のおかずとして重宝します。

Page Top