前へ
次へ

炒めるという調理法には

調理法のひとつとして炒めるというのがあります。
どんなものでも炒めることができるのかというわけではなく、フライパンとか中華鍋を使うのが一般的です。
炒めるという調理法では、基本的に材料は薄く加工されているものが多いです。
ガッツリと火を通すというよりは火の通りの良いものを、ということが多いです。
下ごしらえとして行われる調理法の一つでもあったりします。
焼く、ということに似ていることは確かですが、あくまで焼くというのではなく火を通す、といった具合で行うことになります。
世界的に行われている通りの方法の一つでもあります。
一度茹でてから炒めるというようなやり方を押している場合もあります。
高温でさっと炒めるということもありますし低温でじっくりというパターンもあります。
どんなやり方をするのか、ということによってだいぶ火の通り方が変わってくるということになりますから、その料理によって分けて考えるようにしましょう。

Page Top