前へ
次へ

作りおき料理生活の調理法について

今や忙しい主婦や、ワーキングマザーにとって当たり前となっている作りおき料理。
だいたいの一週間分のメニューを決めておき、仕事がない週末などに一気に作っておく作りおき料理が大変なブームです。
一週間のメニューが決まっていて完成していれば、あとは朝なり夜なり暖めて食卓に並べるのみです。
仕事から疲れて帰って来たワーキングマザーになどの皆さんにはかなり負担が少なくなる方法ではないでしょうか。
しかし、やみくもに何でも作りおきしておけばいいというわけではないです。
その時の季節や食材やメニュー、調理法によって日持ちするかしないかが左右されるのです。
家族のため、自分のために作った料理が悪くなってダメになってしまったら食材も無駄ですし、せっかく作りおきの意味がなくなってしまいますね。
まず、そのメニューと調理法を擦り合わせて考えなければなりません。
フライならば、パン粉などの衣を着けた状態で揚げるのみにして、保存する。
なるべく素手で食材に触れない。
野菜の和え物は、お酢や梅など防腐剤効果のあるものを一緒に和えるなど、他にも適した調理法はたくさんあるのです。

Page Top