前へ
次へ

ゴーヤの調理法と注意を知っておく

ゴーヤは別名ニガウリとも言われ、その名の通り苦みに特徴のある野菜と言えるでしょう。
最もポピュラーとされるのが沖縄料理のゴーヤチャンプルーなので、最近まではあまりなじみのなかった野菜になるかも知れません。
ただ沖縄でしか栽培されていないわけではなく、各家庭でも緑のカーテンとして栽培ができるほど簡単に栽培が可能な野菜です。
苦いのが苦手な人はカーテン目的でしか栽培していないので、食べごろの状態でもそのまま放置しているケースもあります。
ニガウリの調理法としてはゴーヤチャンプルーのように他の食材と油で炒める方法が知られています。
生で食べたり煮物にすることはないかもしれません。
食べごろは未成熟である緑の状態ですが、そのまま置いているとどんどん熟して黄色やオレンジ色になります。
この状態で食べると甘くておいしいとの意見があり、調理法を調べようとする人もいるかもしれません。
しかし熟した状態になると人にとってはあまり良くなく、頭痛や嘔吐を引き起こす可能性があるので食べない方が良いでしょう。

Page Top